MUSIC【新】SERVICE

オギギ!ブログ

アフィリエイターのマーケ呟き。

【仕事の取り方】WEBライターとブロガーどちらが稼げる?稼げる仕組みを解説。

 
こんにちは 、おぎ(@dec_ember1st)です!

 最近は副業ブームという事もあって、さまざまな種類の副業が存在しています。

 そんな中「これから副業をしてみたいけど、Webライターとブロガーはどちらが稼げるの?」と、疑問をお持ちの方も多いでしょう。

 

 そこで今回は、元専業ブロガーでエンジニアのおぎ(@dec_ember1st)

 ブログ運営経験のある現役Webライター紺野(@5nnds)が、どちらの方が稼げるのかを"誰よりも丁寧に"解説していきます!

 「どちらを始めようか迷っている...」という方には重宝する内容ですので、ぜひ最後までご覧ください!

【仕事の取り方編】「WEBライター」と「ブロガー」の違いを解説!

f:id:kenken1103:20200902135305j:plain

 では先ず、どちらが稼げるのかをしっかりと理解していくために、それぞれがどのように仕事をしていくのかを見ていきましょう。

「WEBライター」の仕事の取り方とは?

  1. クラウドソーシングサイトなどを利用し、仕事を募集しているクライアントに提案文を提出する

  2. クライアントが提案文に納得すれば、採用の通知が送られてくる

  3. その後、仕事概要に沿って業務を進めていき、基本的には「納品→検収→完了」というステップで受注していく

 WEBライターは、こういった流れで仕事を取っていくことになります。

 では続いて、ブロガーの仕事の取り方を見ていきましょう!

「ブロガー」の仕事の取り方とは?

  1. 自身のブログを立ち上げ、アフィリエイトASPなどを利用し、載せたい広告を選ぶ(その際、広告を載せるのに適したブログであるかの審査を受ける場合が多い)

  2. 審査に通ると広告を掲載することができ、ブログ読者が広告をクリックしたり、広告を通して商品が購入されると、その仲介料がもらえる。

 以上がブロガーとして仕事を取る方法です。

 

 このように、WEBライターやブロガーは仲介業者を通して仕事を取る場合が多く、中には「直接契約」を結ぶ方もいます。

 

 では次に、本記事のメインタイトルでもある「WEBライターとブロガーはどちらが稼げるの?」という事に関して深堀していきましょう。

【現役の二人が語る】WEBライターとブロガーどちらが稼げる?

f:id:kenken1103:20200904153743j:plain

  では、WEBライターとブロガーは"どちらが稼げるのか"ですが、これは一概に「こっちの方が稼げるよ!」とは言いづらいのが現実です。

 というのも、どちらの仕事も"運"が絡んでいる場合が多いからです。

 

 ですが、紺野の意見として"どちらか"と言えば「WEBライター」ではないかと考えていますので、その理由を詳しく解説していきます。

紺野が考える「WEBライターの方が稼げる」理由とは?

 世の中には「ブロガーの方が稼げるに決まってるよ」とおっしゃる方もいますが、僕は「"現代社会においては"WEBライターの方が稼げる」と断定させて頂きたいと思います。

個人ブログから企業サイトへの移り変わり

 一つ目の理由としては、最近になってGoogleの検索で上位表示されているものが、私たちが運営する個人ブログから「権威性の高い企業サイト」に移り変わっているからです。

 すなわち、個人が参入できるジャンルも徐々に狭まっており、いざブログを始めるぞと言っても稼げる幅が限られてきているのです。

 最近は、検索品質評価ガイドラインに「YMYL(お金や健康に関する情報)」が設定されて、個人ブログが少しずつ制限され始めているよ・・・。
 そういった理由から、これからはWEBライターにジョブチェンジしていく人も多くなってくるはずだよ。

アップデートによる順位の変動

 そもそもブログで稼げるかどうかの要因として「検索結果の上位にいるか」がカギを握ってきます。

 検索結果で上位にいるほど「クリック率」も上がり、必然的に稼げるブログとなっていきます。

 しかしながら、そういったブログでも「アップデート」を受けてしまうと、検索結果による順位が一気に下がり、結果的に収益がゼロになる可能性もあります。

 実際に過去のアップデートで「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」というものがあり、苦しめられたブロガーも非常に多いです。

 今後とも大きなアップデートが来ることが予想されているため、そういった被害を直接受けることのない「WEBライター」の方が稼げると述べているのです。

おぎが考える「(WEBライターorブロガー)の方が稼げる」理由とは?

『WEBライターの方が稼げますね。。』と元専業ブロガーだった僕がSEOの中で戦っていて厳しさを実感しています。
僕が務めるWEB系ベンチャー企業でも『新規事業でSEOをハックしたメディアは作ろう。』とはならないです。もう検索エンジンは、コスパが悪いプラットフォームになっています。

WEBライター紺野さんと同じ認識ですね。

じゃあ、ブログ書く意味ってないの?と。
意味ないわけではないです。noteだってトレンドになっています。
ブログでも良いけど、トレンドを知ってコスパの良いプラットフォームで勝負した方が良いと考えています。

【稼ぐジャンル】

・インスタで稼ぐ人。
・ブログで稼ぐ人。
Twitterで稼ぐ人。
・noteで稼ぐ人。
YouTubeで稼ぐ人。

どのジャンルで戦いますか?

プレイヤーで稼ぐ?それとも外注の請負で稼ぐ??

おそらく『プレイヤーで稼ぎたいと思っている。』人は多いですよね。
僕もそうでした。だけど、『プレイヤーで稼ぎたい人はあなたじゃないといけない理由』を明確化できない人だと稼げない。と厳しく考えています。

これは外注の請負でも言えますが、プレイヤーは簡単に比較されます。

しかも、参入しているプレイヤーは多くいます。
自分が提供できる価値を明確化している人は稼げます。

自分の価値って?と疑問符が頭の上に浮かんでいると思います。
僕も同じでした。自分を俯瞰するためにブログから始めるには最適。

でも、行動しながらじゃないと自分の価値って分からないので、
最初は、比較的稼ぎやすい。WEBライターから始めるのがおすすめです。

WEBライター紺野さんの月5万稼ぐ方法を参考に▼

islamicdesktop.net

 

まとめ:今から稼ぐなら「WEBライター」を選び、提供できる価値を明確にしよう!

 いかがだったでしょうか?

 私たちの意見としては「WEBライターの方が稼げる(稼ぎやすい)」ということでしたが、ブロガーとして月に7桁を稼ぐ方がいらっしゃるという事実が存在します。

 しかしそういった方たちは、そもそも"WEBマーケティング"の経験があったり、それこそ2015年くらいから地道に続けて今に至ります。

 そして、SNSをご覧いただければ分かるかと思いますが「〇ヶ月(○年)やってるけど、全然稼げない!」という方もざらにいます。

 そのため、今から始めてどちらが稼げるのかというと、やはり即金性も高い「WEBライター」であると言えます。

 

 そこで「これからWEBライターを頑張るぞ!」と決意された方は、まずは"自身が提供できる価値"が何なのかを理解しましょう。

 つまるところ、あなたが得意な分野を見つけるのです。

 そしてその得意なことを提供し、求められるWEBライターを目指して頑張っていきましょう。

 それでは今回もご覧いただき、ありがとうございました。